けやき通り歯科・矯正歯科 当院は完全予約制です
| ホーム | 診療方針 | 院長紹介 | メンバー紹介 | 矯正歯科 | インプラント | スタッフブログ | アクセス |
初めての方へ
キッズルーム
治療科目
予防歯科
予防歯科 for kids
矯正歯科
小児歯科
インプラント
ホワイトニング
QandA
メンバー募集
スタッフブログ
子育て応援
熊本けやき通り歯科 QandA
キシリトールQ&A
キシリトールはコマーシャルなどによって、名前はよく知られてきましたが、その安全性や性質・さらにはなぜむし歯予防に効果的なのかといった大切なことが、あまり知られていないように思われます。
キシルトールは安全なの?
キシリトールは天然素材の甘味料で、シラカバやカシを原料におもにフィンランドで生産されています。私たちの身近なところでは、イチゴやラズベリー等の果物やレタスやホウレンソウ、カリフラワー等の野菜などに含まれています。また体内でも肝臓で1日に5〜15g 生産されています。
 
その安全性はWHO(世界保健機構)でも認められており、とても安全な甘味料だといえます。
本当にむし歯予防に効果があるの?
簡単に言えばある程度の量を継続的に取るとむし歯菌が減る、と考えて良いでしょう。  
少し難しい話になりますが、砂糖の場合、糖をミュータンス菌が分解し発酵させて酸をつくりだします。その酸によって歯のエナメル質が溶かされて虫歯ができてしまいます。
 
一方キシリトールの場合は、ミュータンス菌によって発酵せず、むし歯のもととなる酸が発生しません。しかもグルカンを作るタイプのミュータンス菌は菌体内にキシリトールを取り込むことで、エネルギーを消耗して活性が弱まります。そのため長期にわたってキシリトールを摂取することで、グルカンを作らないタイプのミュータンス菌(キシリトールを代謝できるタイプの)に置き換わり、そのためプラークが歯面よりはがれやすくなるのだと考えられています。これらがむし歯に予防に効果的される主な理由です。
一日にどれくらいの量を摂ればいいの?
A効果的な分量の目安は5〜10g。
当院で扱っているガムなら4、5個 タブレットなら 10粒になります。 食事やおやつの後に摂るようにすると効果的 です。
キシリトールの効果的な摂り方
・1日を通して少量を回数多く 摂る
・1日に3回-5回 とる
・週に6日は続ける
 
3ヶ月続けるとプラークがさらさらになってきます
キシルトールを食べれば歯は磨かなくていいの?
歯みがきは必ず必要です。キシリトールをとるとプラークがブラッシングによって落ちやすくなるということで、ブラッシングが必要でなくなるわけではないのです。
キシルトール製品なら何でもむし歯予防に効果があるの?
そうではありません。
キシリトールの濃度も大切です。
フィンランドでは、50%以上キシリトール含有のものが、う蝕予防に効果があるとされています。ここで注意したいのは、日本ではキシリトール入りなら売れちゃうので、何でもかんでもキシリトールが入っています。 ひどいのになると水飴や砂糖などむし歯を造る効果のある物も一緒に含まれていたりします。
製品の記載で、水飴やショ糖など含まれていないかチェックが必要です。
お腹がゆるくなることもあるの?
キシリトールは消化されにくく、 一度に食べ過ぎるとお腹がゆるくなる場合もあります 。これは体がキシリトールを早く消化しようとして腸管壁から水分を引き出し、腸の中の水分が増えたためです。
 
一時的なものですから、心配はいりませんが、お腹がゆるくなるようだったら食べる量を調節して下さい。
キシリトールはむし歯菌がお母さんから子供へ感染するのを
防ぐってほんと?
きちんと使うことにより感染を防ぎ、むし歯のできるのを激減させることが分かっています。 ミュータンス菌は多くの場合、母子感染によって伝播することが良く知られて来ました。感染の窓が最初に開くのが生後19ヶ月から31ヶ月といわれています。これは、粘膜に付着できないミュータンスが,定着する為に必要な歯面の面積が、乳臼歯の萌出により劇的に増える時期にあたる為です。
 
この感染を防ぐためには、感染源である母親の口に高濃度のクロルヘキシジンを応用することが有効とされています。ただし、日本で母子感染を予防するために口腔内に高濃度クロルヘキシジンを用いることはできません。そのため、日本では日常臨床での母子感染対策は、子どもと同じスプーンを使わない、母親の唾液の接触を避けるなど、生活習慣に対する指導くらいしか現実にはできません。また、実際子供を育ててみると非常に難しいと思われます。
 
ユリビエスカでの研究(1982年から行われ、現在も継続してデータを採取中)では、母親へのキシリトール摂取が母子感染の予防に有効であると報告されています。繰り返し強調しますが、母親がキシリトールを摂取することで、子どもへのミュータンス菌感染を防ぐのです。子ども(乳児)がキシリトールを摂取するのではありません。
 
この報告によれば、出産3ヶ月後から2年まで、1日2〜3回キシリトールガムを摂取していたミュータンスレベルの高い母親の子どもは、2年で3回のフッ素バーニッシュやクロルヘキシジンバーニッシュ処置を受けたミュータンスレベルの高い母親の子どもと比較して、2歳児時点での母子感染の割合が有意に低いとされています。なお、それぞれのグループの感染率は、キシリトールでは、9.8%、クロルヘキシジンでは28.6%、フッ化物バニッシャー群では、48.5%、となっています。
 
キシリトール製品の上手な選び方や食べ方など詳しく知りたい方は、けやき通り歯科医院スタッフにご相談下さい。自分にとって続けやすい方法を選ばれると良いでしょう。
日本フィンランドむし歯予防研究会理事 西村幸郎
参考文献
 
「知っておきたいキシリトール 科学的根拠と効果的使用法」カウコk.マキネン著 村松いづみ訳 日本大学歯学部教授 鈴木章監訳(オーラルケア)
「ミュータンスコントロール キシリトールの可能性と応用」  日本フィンランド虫歯予防研究会編(オーラルケア)
「子育て歯科」  倉治ななえ著(デンタルフォーラム社)
「埼玉県歯科医師会  埼歯だより(H12 4月号、H13 1月号)今井美行」
〒862-0962熊本市南区田迎2-18-12 医療法人 幸良会 けやき通り歯科・矯正歯科 TEL096-379-6945 / FAX096-285-5511
| HOME | 診療方針 | 院長紹介 | メンバー紹介 | アクセス | 初めての方へ | 治療の流れ | 子育て1 | 子育て2 |
| 子育て3 | 子育て4 | 予防歯科 | 予防歯科2 | 小児歯科 | マタニティー歯科 | ホワイトニング | 矯正歯科 | Q&A |